Scratch Day 2018 in Tokyo に行ってきました!

2018年6月10日(日)、青山学院アスタジオ B1F にて開催された Scratch Day in Tokyo に参加してきました!

Scratch Day とは

Scratch の誕生日をお祝いするScratch Day!
世界中でお祝いのイベントが行われ、日本でも各地で行われております!
その中でも Scratch Day 2018 in Tokyo は日本で大々的に開催しているイベントの一つで、2009年から毎年行われています。
Scratch Day 公式サイト(英語)
(ちなみに OtOMO でもやりました し、CoderDojo 立川 でもコッソリやりました笑)

みんなでをお祝いするために集う世界レベルのネットワークイベントです。
そこは子供たちが無料のコーディングできるプラットフォームで、オンライン・コミュニティです。
Scratch Dayは、Scratchコミュニティにいる若者を集めてプロジェクトを共有し、お互いに学びあい、新しい人を歓迎するためのイベントです。

(公式サイトより抜粋)

当日のマンパワー要員

私は今回が初参加で、運営のお手伝いとして参加しました。
準備には参加しておらず、当日もマンパワー要員で動いていたのであまり催しは見れていないという状況でしたが、Scratcher の子どもたちが交流し楽しんでいたり、たくさんの来場者の方がプログラミングバトルや展示物、パネルディスカッションなどを楽しんでいました!
微力ですが、そんな雰囲気の会場作りの一部になれて私も楽しかったです^^
※会場の写真は公式で公開されます。(たぶん)

会場を見ていて

普段はオンライン上でコミュニケーションをとっているScratcherの子どもたちが年に1度集まって交流をするイベントとあって、遠方から参加している子も結構いたようです。
いわゆる大々的なオフ会ですね笑
ハッカソンスペースではScratcherたちがパソコンを並べて賑やかにしていましたし、ホワイトボードには自由に書き込める寄せ書きコーナーでみんな個性的な表現で楽しんでいました^^
子どもたちの呼びかけもあり、たくさんの人が集まっていたのできっと新しい出会いもあったと思います。こうして輪が広がっていくといいですね。

運営は子どもたちが頑張ってくれていました!

プログラミングバトル、ハッカソンスペース、作品展示をしていた部屋は小中学生の Scratcher たちが作ってくれました!
事前準備や当日の設営、プログラミングバトルの配信機材の設置やライブ配信、実況も子どもたち。
みんな多彩なスキルを持っててすごかったです^^
それぞれが得意分野を発揮し、協力して作り上げた会場になっていました。

プログラミングバトル

小中学生の部門と中高生の部門でのバトルが行われました。
限られた時間でその場で出されたお題に沿った作品を作るというもので、どちらがよかったかを観客に判定してもらうというイベントです。
Scratch は優劣をつけずに個性を伸ばすことを尊重しているのにバトルとは何事じゃー!と、言われそうですが、限られた時間で同じお題に挑戦することで、それぞれの発想力や創造力を引き出しましょう、そしてそれをみんなで見守りましょうというような趣旨です。
小中生の部門でのお題は「アクションゲーム」で、条件として「敵がいること」、「自分の攻撃方法に種類があること」でした。
中高生の部門でのお題は「格闘ゲーム」で、条件として「2P対戦であること」、「必殺技があること」、「エフェクトがあること」でした。

判定は観客に拍手してもらい、その音の長さと大きさを Scratch で取り込み比較して勝敗を判定するというものでした。
その判定プログラムも子どもが作ってくれていました。
どちらの部門も僅差の判定で勝敗が決まる大健闘でした!どちらも甲乙つけ難いです(詳細はきっと公式からでるかな?)

このバトルの中でも、スプライトを描いてキャラクターデザインから頑張る子や、ゲームのシステムのプログラムからゴリゴリ作っていく子、演出に凝るような作品作りする子と、Scratcher の個性が出ていましたね。
同じお題でも人が違えば、作り方も表現の仕方も違うというのが見れてとても楽しかったです!

参加してみて感じたこと

Show & Tell とパネルディスカッションを少しだけ見れまして、子どもたちの話を聞かせてもらいました。
たくさん作品を作ったり、作品を人に発表したりしてスキルを伸ばしている子どもたちに共通していると感じたのはやはり「好きなことをしている」ということかなと、思いました。
美術が好きな子は美術的要素を頑張って表現していて、音楽が好きな子は音楽を、ゲームが好きな子はゲーム性を、というようにそれぞれ Scratch というツールを使って「好き」を表現しています。
それぞれに個性があって、例えばかわいいキャラクターがをアニメーションで可愛く動かすために、たくさんの絵を用意してさせるなどのこだわりを見ることができます。
そういった作品作りの中で絵の描き方や音楽の作り方などを子どもたちは自然と学んでいっている様でした。
それができるのは、きっとその子どもたちの周りでは「個性」を認めてもらえる環境なのではないかなぁと思います。
「好き」なことを好きなように表現できて、それを優劣をつけるでもなく認めてもらえることで自信にもなって楽しくもなる。その繰り返しで自分で進んで作品作りをして必要なこと学びスキルを身につけている。
(私が見れた範囲で)前に出て発表したりスピーチしている子どもたちからはそんな印象を受けました。

私の活動でもそんな環境を作りたい

CoderDojo 立川 でも子どもたちが自由に「好き」を表現して「個性」を伸ばせる環境なれたらと思っています。
そうした環境になるにはそれぞれを「認め合う」ことが大事だと思いますが、”みんなと同じ”だったり”優劣をつける”や”点数をつける”ことを望む傾向にある中では環境ではなかなか大変かもなぁ、と思っています。
でも、やりたいことができるって夢が持てると思うんですよね。
まだまだ自分が子どもたちをそのように導くには未熟ですが、これからも頑張ります!

課題もあった様で

当日になって運営サイドも気付いたことや、機材トラブルなどもあり、参加者からの声もネットなどでちらほらあがっているようですね。
すでに運営サイドは大人も子供も指摘されている点は周知済みですが、
よく見かけたのは会場が地下ということで繋がらない事象が結構あったとか。
確かにTwitterのハッシュタグも用意されていたりオンラインコミュニティを活用する機会もあったと思うので、会場を楽しむのにネットを使えなかったのはちょっと痛かったかもしれません。
オフラインでも楽しむ場はたくさんありましたし、それだけで台無しになるようなことはなかったと思いますが、次回以降に対策があるとより楽しめるのではないでしょうか。

とにかく、次回以降もみんなで楽しく Scratch の誕生日をお祝いできるといいですね!
みなさんお疲れ様でした!

=============================================================

2018/6/23 追記

以前より開催されている方から課題に書いたことについてコメントを個人的にいただきました。

 2011年に同所で開催した時は携帯は全キャリア全滅、会場wifiも使えずwimaxルーターを1Fにぶら下げ、wifi電波を下階に導くなど様々工夫をしたりしました。携帯電波の通じやすさはその時より改善されていて、不便を感じた方は日ごろの生活圏と電波状況が著しく異なったのでしょうね。
特に最近はバンドの揃わないSIMフリー機とMVNOの様々なSIMで一概にキャリアが○○系だから、などと判断するのが難しいですよね。

あとScratchをどんな状況でもやりたいならオフライン系の環境を持ち歩くのも必須というのはScratcherの常識ではありますので、素人さん向けに受付でUSBインストーラー準備するくらいの必要が出てきたってことでしょうね。

というのがご指摘に対する個人的感想です。

ネットワークが欲しいと言うのは簡単ですが、整備するのは簡単ではないのではないですね。

OtOMO Scratch Day in 3cha を開催しました!

OtOMO Scratch Day in 3cha を開催しましたー!
Scratchのお誕生日のお祝いということで、みんなでネコスピンを改造して「Happy Scratch Day」という文字を描いています!
1人1文字担当して文字を好きなように装飾しておりますー

※写真は顔モザイク処理してます。

大人と子どもでペアプロ!ワークショップをしました

メリークリスマス!な人もそうでない人も、どうも、いのっちです。

休みの日は予定があろうと無かろうとガッツリ寝てしまいまいます。
なので予定はいつも遅刻気味です。ホント皆様ごめんなさい
そんなことより

OtOMOワークショップにて大人と子どもでペアプログラミングのワークショップをしてきました。
http://otomo.scratch-ja.org/post/167801476379/

レポートと反省をしたいと思います。

概要

目的はペアプログラミング体験と大人もプログラミング体験をして、子どもがやっていることに対して少しでも理解してもらいましょう!という趣旨です。
子どもと一緒にやることにより、子どもの考えややり方にダイレクトに触れてもらいたいと思いました。
また、子どもにとっても、自分がやっていることや考えていることを人に伝える場となればいいなと考えました。

内容

大人と子どもでペアとなり、席についてもらいます。
特に指示はださなかったので、実の親子で着席となりました。
そして、今回作る作品のテーマを決めてもらいました。
5W1Hで簡単な物語を考えてもらってそれをバラバラにします。
それぞれ封筒に入れ、各ペアにランダムで取ってもらって、くじ引きで決まった組み合わせの物語をテーマをとしてもらいました。
それから30分間、子どもがドライバー、大人がナビゲーターとしてプログラムを組んでもらいます。
その後、大人は別の子どものところに席移動し、そこでドライバーになってもらい、子どもはナビゲーターになってもらい、30分間プログラミングをしてもらいました。
プログラミングの時間は計1時間、そこまででできた作品の発表をしてもらいました。

どうだったか

テーマがめちゃくちゃな組み合わせの5W1Hとなり、ユニークなテーマが決まり面白かった。
クリスマスにちなんだパーティをする平和的な内容になったり、「〇〇が殺された」とか「〇〇が戦った」みたいなのが混ざったり、子どもならではの発想が見れたかなと。
参加者もめちゃくちゃな組み合わせを楽しんでくれていました。
また、大人と子どもにコミュニケーションが生まれたことや、作る作品のテーマ決めに困って手が進まないということがなくてよかったと思います。

大人がドライバーとなることで、初めてScratchに触れた大人もいたりして、子どもに教えてもらいながら進めて、やろうとしたことが実現できたときに一緒に喜んでいる場面もあり、大人も楽しめたのではないかなと思います。

作品を完成しきるペアはありませんでしたが、ストーリーに沿って画面の中をキャラクターなどが動き回る素敵な作品を作ってくれました。

反省

今回は子どももScratch初心者の方が多かったので、まずScratchについての導入が必要でした。
そんな中、いきなりテーマを決めてのペアプログラミングという取り組みだったので、プログラミングに苦戦する場面が多数でした。
また、テーマが即興なので、もともと用意されているスプライトではテーマに沿ったキャラクターなどが揃わず、手描きに時間を割けなければいけなくなってしまったので、プログラミングを進める時間が少なくなってしまいました。
結果的に作品作りをするのに時間が全然足りませんでした。
経験値が必要なワークショップは、募集文でもっとしっかり制限を設けないと、参加者に無茶ぶりを強いることになると反省しています。

その他、私のプレゼンの仕方や進行について、たくさんの反省点がありますのでそのあたりは次回頑張りたいと思います。

Scrattino2でScratchとArduinoを繋げて遊ぼう!【Win/Mac】

はじめに

Yengawa Labさんが開発したScrattino2(スクラッチーノ2)を使ってScratchとArduinoを繋ぎましょう!
いろいろな電子部品をScratchで制御できるようになるよ!

用意しておくもの


Arduino にスケッチを書き込む

PCにArduinoを接続してください


以下から Firmata を開いてください。

ファイル > スケッチ例 > Firmata > StandardFirmata

開いたサンプルプログラムをコンパイルして、Arduinoに書き込んでください。


ダウンロード

ソースコード

Githubからソースコードをダウンロードしてください。
私はzipファイルでダウンロードしました。
後で使うので、解凍してすぐ使えるようにしましょう。

ソフトウェア

お使いのOSに合わせてダウンロードから圧縮ファイルを取得してください。
取得した圧縮ファイルを解凍してください。


※画像は(Windows 64bit: Scrattino2-win32-x64.zip)を解凍したところです。

Scrattino2を起動する

解凍したフォルダの中から実行ファイルを起動してください。
私の環境はWindows10 64bitなので「Scrattino2.exe」を起動します。


起動すると「Scan Port」や「COM1」などと書かれた画面が表示されます。
Arduinoの接続を認識すると、該当のCOM番号に「StandardFirmata.ino」などと表示されます。
しばらく待っても表示されない場合は「Scan Port」ボタンを押下してみてください。
それでも表示されない場合はスケッチの書き込みに失敗しているか、Arduinoが正しく接続されていない可能性がありますので、Arduinoの再接続とスケッチの書き込みをやり直してみてください。

表示されたら横のスライドスイッチを押下しましょう。


「A0」、「D0」などのたくさんの項目が表示され、「A0」~「A5」までの数字が変化していれば接続成功です。


ScratchとArduinoを接続する

Scratch 2 オフラインエディターを起動する

隠しメニューを使うため、「Shift」キーを押しながら「ファイル」を選択して「実験的なHTTP拡張を読み込む」を選択してください。


ダウンロードフォルダ > Scratch2 > extension

先ほどダウンロードしたソースファイルの中から「scrattino2.s2e」を選択すると、「その他」のカテゴリの中に「Scrattino」のブロックが追加されます。


ここでScrattinoの横にある丸「●」の色が緑色になっていれば接続成功です。
「A0」や「D2」などの変数がScrattino2の値と連動しているのがわかります。
丸「●」の色が黄色の場合はArduinoが繋がれていません。
丸「●」の色が赤色の場合はScrattinoが起動されていません。


Arduinoで遊ぼう!

Lチカをやってみます

お約束のLチカです。
まずScrattino2の「D2」が「OUTPUT」になっていることを確認してください。


「D2」にLEDを接続しました。


「D2」の信号は「0」なのでLEDは光っていません。

「OUTPUT」ブロックを使って「D2」の信号を「1」にします。



光りました!
ScratchからArduinoを制御できましたね!


タクトスイッチを追加してみました。


「D2」の信号は「1」にしておきます。
スイッチを押してScratchを制御できるか確認してみましょう。
スイッチを押している間、LEDが光るプログラムを書きました。

バッチリですね!

ArduinoからScratchへ値を入力

今回は「D3」を入力にするので、Scrattino2の「D3」を「INPUT」にしてください。


先ほどのタクトスイッチと連動させるため、このように「D3」へ接続します。(橙色の配線)


タクトスイッチが押されている間、ネコが回ります。

入力もできましたね!
これでScratchとArduinoで遊ぶ準備ができました!
いろいろ繋げて楽しんじゃいましょう(^-^)


オススメ!「GROVE – ベースシールド」

個人的にオススメなのが「GROVE – ベースシールド」です。


「A0」や「D0」などが大きく印字されていて分かりやすいことと、GROVEシリーズのセンサーや部品を使うことで大きなコネクタがで接続することができるので、部品の配線ミスがなくなります。

今回は「GROVE – スライドボリューム」を用意しました。

接続

Arduinoにベースシールドとスライドボリュームを接続しました。
ベースシールドの「A0」に繋げています。


Scrattino2の値を確認しましょう。
スライドボリュームをコネクタ側にすると「A0」の値が0になります。


逆側にすると値が1023に変化することが確認できました。

Scratchで確認

もちろんScratchでも同様の値を取ることができています。
確認してみましょう。

バッチリです!

【立川市】 「CoderDojo立川」メンバー募集&キックオフミーティング開催

「CoderDojo立川」を開催します!
世界各地、日本各地に広がっている子どものためのプログラミング道場です^ – ^
自由な発想でたくさんの作品が生まれ、いろんな刺激を与えてくれる創作活動の場です!
みんなでモノづくりを楽しみましょう!

また、一緒に活動するメンバーを募集しています。
必要な知識や経験などはありませんので興味がある人はお気軽にご参加ください。

まだまだいろいろと準備中です。
ご協力のほど、よろしくお願いします。

詳細はリンク先を参照してください。
不明点等あればご連絡ください。

「CoderDojo立川」を開催します!
世界各地、日本各地に広がっている子どものためのプログラミング道場です^ – ^
自由な発想でたくさんの作品が生まれ、いろんな刺激を与えてくれる創作活動の場です!
みんなでモノづくりを楽しみましょう!

また、一緒に活動するメンバーを募集しています。
必要な知識や経験などはありませんので興味がある人はお気軽にご参加ください。

まだまだいろいろと準備中です。
ご協力のほど、よろしくお願いします。

詳細はリンク先を参照してください。
不明点等あればご連絡ください。

https://lnkd.in/fag3GWP